ロゴ

3Dプリンターはどうやって使われている?企業でも導入事例アリ

3Dプリンター

3Dプリンターの使われ方

企業で3Dプリンターが使われる時にはどんな用途で使われるのでしょう。まず、1つ目は商品企画の場面です。企画会議などでプレゼンテーションをする際に使われることが多いようです。2つ目は試作です。開発段階の新製品の場合に動作のを確認するために使われます。細かな構造も可能なので様々な分野で使われています。3つ目は最終製品です。試作のイメージが強い3Dプリンターですが、特注品や少量生産品を3Dプリンターで作ることで、時間や材料の無駄なく作ることが可能になります。また、建設業でも3Dプリンターは利用されています。建築物の模型を短時間で作ることができ、図面で見るよりも内部の構造もわかりやすくなります。

3Dプリンター導入してよかったことランキング

3Dプリンター
no.1

開発期間の短縮

3Dプリンターを導入することの利点として第1位となったのは開発機関の短縮でした。今まで試作品を作るのに長期間が必要でした。手作業での切削や他の業者に依頼するなどの作業が発生していたからです。しかし、3Dプリンターを導入すればデータを入力するだけで試作品を短時間で作ることができます。新製品の開発というのは同業他社よりもいち早く製品化するのがカギとなります。そのために3Dプリンターは一役買っているのです。

no.2

コスト削減

コスト削減が第2位となりました。3Dプリンターを導入するにはコストがかかるのでは無いかと思われるかもしれませんが、3Dプリンターを導入する以前は手作業や業者に依頼することで試作品の製作をしていますよね。そのため、依頼するコストや製作するための人件費も長期的な視野で見れば削減することができます。

no.3

業務の効率化

業務の効率化が第3位となりました。新製品の開発というのは色々な人の手やアイディアが詰まっているものです。今までにないものを作るからこそ口頭や画像のみの説明ではイメージが湧きにくい人います。新しいものだからこそ共通理解が得られにくいのです。しかし、すぐに現物に近いものをつくれる3Dプリンターがあれば会議も円滑に進み、業務の効率化を図ることができます。

何が使えるの?

3Dプリンターの良さは理解できたけれど、どんな材質があって、自社の製品に使えるのだろうか?とお悩みではありませんか?以下では3Dプリンターで使える材質を一覧にしていますので参考にしてみてください。

3Dプリンターの材質一覧

  • ABS・PLA樹脂
  • 石膏
  • アクリル樹脂
  • PPライク樹脂
  • ナイロン樹脂
  • ゴムライク樹脂
  • ウッドライク樹脂
  • ワックス樹脂
  • 透明樹脂
  • フルカラー樹脂